1. HOME
  2. サービス案内
  3. オフィスレイアウト変更

滋賀県のオフィスレイアウト設計は
オフィス作りの専門家にお任せください

滋賀オフィスづくり.comはオフィスレイアウト変更のアドバイスやサポートを行っています。
事務所の増床や増員、オフィス移転などでオフィスレウアイト変更を検討している方にレイアウト変更のポイントをお伝えします。

スペース配置を決める

まずは大まかなスペース配置を決めるためにオフィスに必要なスペースを洗い出します。それぞれ、何部屋必要か?どれくらいの広さが必要かも検討します。

オフィスに必要なスペースの例

・執務スペース    ・ミーティングスペース  ・食堂       ・リラックススペース
・受付スペース    ・社長スペース      ・セミナールーム  ・資料スペース
・待ち合いスペース  ・応接スペース      ・面談室      ・集中作業スペース

スペースを洗い出したら、各スペースを誰が利用するのかという視点で3つのゾーンに分類します。

(1)来客が利用するスペース  ⇒受付スペース、待ち合いスペース…
(2)社員と来客が共に利用するスペース  ⇒応接スペース、ミーティングスペース…
(3)社員が利用するスペース  ⇒執務スペース、社長スペース…

分類をもとに、セキュリティ面を考慮してスペースの配置を考えましょう。特に来客の動線はプライバシーマーク取得においても重要なポイントになります。オフィスの入口から(1)→(2)→(3)の順番となるスペース配置にしましょう。

来客と部署の関係性、部署間の関係性もスペース配置において考慮すべき点です。例えば来客や配達の対応をする内勤部門は受付スペースの付近に配置します。また、打ち合わせを頻繁にする営業部門と営業事務、営業部門とデザイン部門などはりんせつさせることでコミュニケーションが活性化します。

待ち合いスペース、応接スペースなどの来客が利用するスペースは受付の近くに配置します。来客の誘導がスムーズになりますし、来客の行動範囲を受付周辺に留めることでセキュリティも高まります。

社員1人あたりの執務スペースの広さを決める

狭すぎる執務スペースでは仕事効率やモチベーションが下がってしまいます。逆に広すぎる執務スペースではスペースを無駄に利用していることになります。執務スペースのオフス面積が適正かを判断する際に役立つのが「社員1人あたりの執務スペース」です。これは以下の計算で算出することができます。

執務スペースの面積(㎡) ÷ 社員数(人)

執務スペースが90㎡、社員数15名の場合は「90㎡÷15(名)=6㎡/名」となります。
一般社団法人ニューオフィス推進協議会は社員1人あたりの執務スペースの広さの最低限度は6㎡としています。社員1人あたりの執務スペースを少なくとも6㎡以上確保することができるようにしましょう。

快適に働ける通路幅を確保する

スペース配置が決まったら通路幅を考えます。デスクや書庫、ミーティングテーブルの配置を先に考えてしまいがちですが、事務所内に適正な通路幅を確保することはレイアウト変更において非常に重要です。通路幅が狭いと移動をする際に社員のストレスになります。また、社員同士、社員と什器の接触による怪我や破損の危険もあります。通行する際にすれ違う同僚や座っている同僚、什器を気にせずに通行できることが、オフィス内の快適さに直結します。ストレスなく通行できる適正な幅を確保して、快適なオフィス空間にしましょう。下記の通路幅を目安にしましょう。

オフィス什器の配置を決める

スペース配置と通路幅が決まったらデスクやチェア、書庫などの配置を決めていきます。この時に下記のようなことに注意をしましょう。

  • 書庫の扉を開けた際に十分なスペースがあるか?
  • ロッカーの扉を開けた際に十分なスペースがあるか?
  • ドアの開閉部分に十分なスペースがあるか?
  • 什器が窓を塞いでいないか?
  • 照明やコンセントなどの設備の位置に問題はないか?

図面上では問題が無いように感じても、オフィスで働いてみると問題に気付くことも多いです。注意点に当てはまらないか確認をしましょう。

専用ソフトでオフィスレイアウトを設計する

スペース配置、通路幅、オフィス什器の配置が決まったら、オフィス設計の専用ソフトでオフィスレイアウト設計していきます。オフィス設計の専用ソフトにはオフィス家具やドアなどのパーツが登録されているため、マウスで選んで配置するだけで簡単にレイアウト図が完成します。オフィスレイアウトの問題に事前に気付くために必ず専用ソフトでレイアウト図面を作成しましょう

簡単なオフィスレイアウト図面の作成は初めての方でもできますが、慣れない操作を一から習得するのには時間がかかります。オフィス設計の専門家に依頼するのをおすすめします。

滋賀オフィスづくり.comでは、滋賀県の湖南地域(大津市、草津市、栗東市、野洲市、守山市、湖南市、甲賀市)のお客様のオフィスレイアウト図面作成のご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。